ダウングレードに関するマイクロソフトの見解

そもそも「ダウングレード権」とは

どういうものなのでしょうか?

Windows7のダウングレード権は

Windows7 Professional/UltimateのOEM版や

DSP版のボリュームライセンスプログラムを

所持するユーザーに与えられる権利です

ライセンスOSの代わりに旧バージョンのOSを

使用することが許諾されるものですね。

ただし、ダウングレードは同一エディションおよび

同一言語のみが可能で、ダウングレードOSとライセンスOSを

同時に使用できないルールがあります。

(ダウングレード後、元のライセンスOSに戻すことは可能)

■OEM版、DSP版Professional/Ultimateの対応関係

原則として最新OSの1つ前のバージョンへのみ

ダウングレードが可能です。

しかしOEM版のWindows7は「特例」があり

Windows XPへのダウングレードまで許諾しています。

※参考サイト:マイクロソフト(購入またはアップグレードする)
http://www.microsoft.com/japan/windows/products/windowsvista/buyorupgrade/downgrade/default.mspx

■ボリュームライセンスの場合

過去の全てのOSにダウングレードが可能です。

極端にいえばWindows95にダウングレードすることが

可能ですね。

※参考:マイクロソフト(ボリュームライセンスとは)
http://www.microsoft.com/japan/licensing/about-licensing/how-volume-licensing-works.aspx

コメント