ゆとりを持って離乳食を

あなたが離乳食時期にイライラしてしまうと、

それが子どもにも伝わってしまい、

離乳食を上手く食べてくれないことも・・・・。

離乳食の進み具合はその子供によって違い、

進みが遅いからと言っておかしいというわけでは無いので、

ゆっくりと離乳食を進めていくようにしましょう。

何事にも神経質にならずに、

前向きに考えることが大切です。

精神的にあなた自身がいっぱいになってしまったら、

少し離乳食から離れてみませんか?

育児雑誌などに掲載されている、離乳食の月齢は、

その通りではなくても良いんですよ。

何をするにも早い子供と、何事もゆっくりの子供がいて当然なんですよ。

焦る必要はありません。

あなた自身が離乳食を楽しみながら進めていくと、

子どもにも楽しいということが伝わるために、

順調に離乳食が進んでくれます。

焦って無理に進めても、逆効果になるのであれば、

ゆとりを持って離乳食を進めたほうが、

絶対に良いと思いませんか?

どんなにゆっくりと離乳食が進んでいる子どもでも、

必ず完了することが出来ます。

あなたはつい焦って離乳食を進めていませんか?

離乳食を上手く進めるポイントは、

あなた自身がゆとりを持って離乳食を進める事です。

絶対に焦ってはいけませんよ。

コメント