フリージングをする際の注意点

離乳食を乗り切るうえでは、フリージングが必要不可欠ですが、

そんなフリージングにも、様々な注意点があります。

下ごしらえをした後の食材は、まだ温かいままの状態ですよね。

温かいままフリージングをしてしまうと、

霜がついてしまったり、菌が繁殖してしまうために、

必ず冷ましてからフリージングをしましょう。

フリージングをする際には、いつフリージングした食材かわかるように、

しっかりと記入をしておきましょう。

覚えているつもりでも、そのうち曖昧になってしまいます。

フリージングする際には、1週間で使い切るくらい分の食材や離乳食を、

フリージングするようにしましょう。

必ず先にフリージングした食材や離乳食から、

使っていくようにしましょう。

しっかりと順序良く使っていかないと、

どんどん先にフリージングしたものが残ってしまいます。

どの様な食材でもフリージングしても良いという訳ではなく、

中にはフリージングをしてしまうと、

食感や味が劣ってしまう食材もあります。

蓋がついている保存容器や、タッパの場合には、

ふたが開いてしまう場合があるので、

ふたが開いてしまわないように、しっかりと密をするようにしましょう。

しっかりと正しい保存方法を知っておきましょう。

コメント